2018年 これからの編集環境のススメ

ご無沙汰しております。 久々のブログ更新となりました。(本題は後から) 前回の投稿から早くも1ヶ月。 その間に春の機材の祭典NABが開催され、 新しい機材やテクノロジーが発表されました。 特筆すべきはAppleの「ProRes RAW」コーデックの発表と AtomosのSHOGUNなどでのProRes RAW収録が可能になった事と Blackmagic designのPocket Cinema Camera 4Kの発表でしょうか。 ・DCI 4K RAW 30p(外部収録で60p)  ※USB-C接続で外部SSDに収録可能 ・4K ProRes 60p /HD 120p ・4/3センサー/マウント ・デュアルネイティブISOで25600まで ※実際使えるのは4000あたりまでと予測 ・Davinci Resolve Studioが付いてくる ・税抜 15万円以下 2018年9月発売予定、と今、巷でいろめきだっています。 かくいう私も予約しました。2台ほど。 ちなみにFUJIYA AVICさんでは予約受付中。 System5さんではもう予約注

編集データのバックアップに 最適なストレージはコレだ!

「進行中データのバックアップに  最適なストレージって何だろう?」 ずーっと悩んでいました。 多数のWedding編集の同時進行、長期にわたるプロジェクトの編集案件 試写データを送った後、修正依頼が届く間にメインのストレージがブっこわれたら、 編集データが開けなくなったら(主にFCPXの仕様のせいだけど)死ねるレベルの事件ですよね。 ※もし、商用作品で1時間半の映像編集の終わり間際でデータ消失したら。。。 私は映像作家として今年で14年ほどのキャリアになりますが 過去に2度ほど編集データを進行中にまるっと喪失した事があります。 数時間戦闘不能になったあと、徹夜で再編集した思い出があります。 それから「絶対にイチから再編集したくない&できない」案件は 編集データを丸っとバックアップを取るようにしています。 さておき、映像編集をされている方ならば、重々承知だと思いますが、 ◯編集データ ◯元素材(エンコードすると更に大容量) ってだけでも結構な容量&バックアップに時間がかかるわけです。 となると、 ◯適度に速くて ◯大容量で ◯安心できる しかし、

知らないと損なSanDiskの外付けSSD

SanDiskが本気だ(と感じている) SDカード、CFカード、SSD、USBメモリなど 私、鈴木佑介は記録メディアは 基本SanDiskを使っています。 (安価なメディアで痛い目にあった事が数回あるので、それからはずっとSanDisK派) 完璧なメディア、というものは存在しないとは思っていますが、 その中で完璧に一番近いのがSanDiskだと思っています。 私的にはメディアの絶対神と呼んでいて、 お世辞じゃなく、ずーっと使わせて頂いているメーカーです。 そんなSanDiskから1TBのSDカードが発表されました。 1TBですってよ、奥様! フォトグラファーの方からすれば、 「そんなに大容量いらんわ」って声が 聞こえてきそうですが ビデオグラファー視点からすると、 4Kが当たり前の今、 次の6Kやら8KやらVRなどの 高解像度・大容量コンテンツの需要に 応えようとしているわけで。 SanDiskが本気でビデオユーザーに向けての 本気のラインナップを展開してくれたんだな、と感じました。 軽く興奮です。ハイ。 そんなSanDisk派の私ですが、 SD