知らないと損なSanDiskの外付けSSD

SanDiskが本気だ(と感じている) SDカード、CFカード、SSD、USBメモリなど 私、鈴木佑介は記録メディアは 基本SanDiskを使っています。 (安価なメディアで痛い目にあった事が数回あるので、それからはずっとSanDisK派) 完璧なメディア、というものは存在しないとは思っていますが、 その中で完璧に一番近いのがSanDiskだと思っています。 私的にはメディアの絶対神と呼んでいて、 お世辞じゃなく、ずーっと使わせて頂いているメーカーです。 そんなSanDiskから1TBのSDカードが発表されました。 1TBですってよ、奥様! フォトグラファーの方からすれば、 「そんなに大容量いらんわ」って声が 聞こえてきそうですが ビデオグラファー視点からすると、 4Kが当たり前の今、 次の6Kやら8KやらVRなどの 高解像度・大容量コンテンツの需要に 応えようとしているわけで。 SanDiskが本気でビデオユーザーに向けての 本気のラインナップを展開してくれたんだな、と感じました。 軽く興奮です。ハイ。 そんなSanDisk派の私ですが、 SD

これは便利だ!USB Type-C型メモリ!

前にもお伝えした通り、最近の私はやたらとMacBookを愛用しています。 映像編集を伴わない限り、移動のお供はMacBook。 iPad miniもセルラータイプなのに、ベッドの横に置きっぱなしになっているくらい。 MacBookとずっと一緒。 以前のブログでUSB-Cの素敵なhubをご紹介しましたが、 本来、無い方がすっきりするわけです。 ただ、やはり他のPCとのデータをやりとりするのに USBメモリを使う事が多く、その度にMacBookにHubをつけてそこにUSBメモリ、 みたいな感じでデータの移動を行っていました。 でも、これは正直めんどくさい。 2回抜き差ししなくてはならないわけで。。。 なんとなーくUSB-C型のUSBメモリ無いのかなーなんて探していたら あるではありませんか! 天下のSandiscからUSB-C型のメモリで カバーをひっくり返すと従来のUSB3.0メモリとしても使える! しかも32GB!い値段3000円以下! ↓USB Type-C

MacBook はUSB-Cだからこそイイ

もともと私はラップトップを二つ所持しています。 MacBookPro 15インチと MacBook Air 11インチ 前者は、出張先やロケ先でゴリゴリ映像の 編集などをする時に持ち出し、 後者は、出先での資料作成、プレゼンテーションの制作などを行う時用です。 また、別にiPad miniを所持していますが 仕事でない時に外に持ち出したり、家の中で メールチェックしたり、電子書籍を読んだりする用途に使っています。 そんな環境の中、 3年間使用していたMacBookAir11インチを MacBookにリプレイスしました。 (といってもMacBookは1世代前の型落ちを買いました。) そもそもMacBookがAir11インチよりもいいなぁ、 と思ったのは単純で ・メモリ8GB (最近のOS Xはメモリ喰う) ・Retina Displayだから12インチでも 見やすい ・USB-Cである の三点。 メモリは最近のMacを使っていると 最低でも8G必要で、16GBで当たり前の感じを得るのではないでしょうか? Retina Displayは言うまでも