• yskitchen

Airport Roller Derby 最強説


カメラマンにとって理想のカメラバッグと出会える事は

一生を添い遂げるパートナーを見つける事より難しいと思います。

撮影の内容、ジャンル、規模によって求めるものが変わってくると思うので

誰にでもオススメ!というのは正直無いと思いますが、

今日はカメラバッグの紹介をしたいな、と。

先日紹介したMook本にも、チラっと掲載されていますが

私は一眼カメラの収納・運搬にThinkTANK photoの

エアポート・ローラーダービー

Airport Roller Derby

を使用しています。

使用して早くも3年近くになるのですが

これ、何がいいか、というと

①4輪だから、移動が楽(バッグを転がしながらスイスイ走れます)

 東京のやたら広いホームとか、空港とか、本当に楽です。

 やっかいなのは階段くらいですかね。

↓外側に三脚をつける事ができる(無理やり一脚でも可)

②必要なものがほとんど入っちゃう許容量

 ・ボディ2台

 ・レンズ6本

 ・チャージャー

 ・スタビライザー(バラせばGLIDECAMも入る)

 ・小型スライダー

 ・可変ND(フィルターケースのまま)

 ・ガンマイク

 ・バッテリー(もちろん無印のペンケースで)

 ・ICレコーダーとラベリアマイク

 ・ノートPC 

 ・ペンタブレット

 ・メモリーカード

 などなど

 ほぼほぼ必要なもの全部入っちゃうので、あんまり考えなくていいのが楽です。

 軽くするなら減らせばいい、というレベルです。

↓Panasonic GH4を入れていた時

③飛行機にも持ち込める(重量的にはNGだろうけど)

↓こんな感じで、全部機内持ち込みできました

④ダイヤルロック式の鍵+ワイヤーがついている

↓こんな感じで柱にくくりつけたり、チャックが開かないようにできます(...爪長いな)

という4点。

唯一の難点はストッパーが無いから電車の中で勝手に滑ってしまうので

じっと手で抑えていないといけない(棚に上げれば良)

という事でしょうか。

都内でのウェディングや、低予算の撮影は車じゃ移動できない時もあるので

この4輪のトローリーバッグが最強なんじゃないかな?と思っている次第です

山登りとかを除けば、私は大抵の場所へこのバッグひとつで出掛けています。

前述ですがペンタブやラップトップPCも入ってしまうので、

そのまま編集作業も出来ちゃうんです

5D3を使っていた頃からGH4、α7s2と機材が変わっても使いまわせるので

本当にオススメです。

もう一つ同じものを買おうかな?とも思ってたり。

FS7やFS5は普通のビデオカメラバッグに収納しているのですが、

この辺りのカメラが出撃する時は大抵車での移動となります。

上記カメラは共通してEマウントですから

このトローリーバッグを「レンズバッグ」として使えるので

まるっとそのまま車に積めばいい、と。

そして、このトローリーにα7S2が入っていれば

予備機にもなるし、急に暗い場所でのロケが入っても安心、という事になります。

↓現在のα7S2での運用

ちなみにFS5ならば、

バラして、レンズを1~2本減らせば、このエアポートローラーダービーにも入ると思います。

5万円前後と、少しお値段高いかもですが

安いカバンを何度も買うより、イイものを一回買った方が良いと思いますよ~ ちなみに ホームページをリニューアルしてから ブログを毎日更新しているのですが、 暇という訳ではなくて、 書き溜めておいたものを自動投稿にしています(笑) そして、そろそろ書き溜めたものがなくなりそうなので 週一度くらいの更新にしようかな、と お知らせ、機材のこと、撮影のこと、編集のこと、 「自分の当たり前」をお伝えできればな、と思っております。

引き続き宜しくお願いします!

#カメラバッグ #AirportRollerDerby #ThinkTANKphoto

1,881回の閲覧