• yskitchen

2018年1月23日 銀一で音声セミナー!


あけましておめでとうございます。

さぁ2018年がはじまりました!

2017年はテクノロジーが出揃い、使用する機材での差別化は無くなり

ビデオグラファーと呼ばれる映像制作者のレベルもほぼ横一線となりました。

昨年の「ビデオグラファーのための映像制作機器ガイド2018」にも

執筆させて頂いた通り

今年は制作者それぞれが「特化」へと向かいます

そう、自分の得意分野を見定め、そこに対して進んでいく、これが重要です。

つまりテクノロジーの進化で「写すことができちゃった」人たちが

きちんと「撮るようになる」ために一度基本へと戻る(勉強する)ことになるのです。

「Back to Basics」前々から言っていますが、

本当にこの一言に尽きます。

この「原点へ戻る」タイミングの今年は私にとっても、

皆さんにとっても大きなチャンスです。

気づけば映像の「セミナー」「スクール」がここ最近急激に増えていませんか?

そう、今年は「きちんと基礎を学ぶ」ブーム到来です。

この学ぶタイミングを逃すと

これから現れる才能溢れる20代の若いパワーとパッションに 打ち砕かれてしまうでしょう。(これ本当)

横一線の今、ラストチャンスとはいいませんが

2018年は完全に「勉強する年」だと確信しています。

今日はそんな皆様に朗報第一弾です。

来たる

2018年1月23日 (火)

東京・月島の 銀一スタジオショップ にて

「音声収録 & 音声編集セミナー」を行います!!

今回はなんと2部構成

詳細はこちら

1部を鈴木佑介がメイン講師を務め、

昨年2度行い、大変好評を頂いたセミナー内容をさらにブラッシュアップした内容で

ビデオグラファーとしてできるワンマンでの音声収録と現場別収録例や

おすすめ機材とTipsをお届けします。(要するに以前のセミナーの2018年度版です!) RODEの機材はもちろんですが、それ以外のオススメ機材も紹介します★

第2部は私がいつもお世話になっている おまかせMAで おなじみの 三島元樹氏

音声編集を概念、用語含め、基礎からMAでの作業について教えてくれます。

後半は私も少し参加し、映像編集ソフトで出来る音声編集を実践。

実際にFinal Cut Pro Xを使っての簡単なMA作業をご覧いただこうかと思っています。

2部構成の中で講師がお互いにフォローをしながら、どなたでもわかるように

いい意味で「翻訳」しながら皆様に学んでいただける内容になっています。 ※三島氏のセミナー内容のプレゼン拝見しましたが、わかりやすく、欲しい知識が得れるので 参加することを超オススメします。

セミナーは各2時間で90分の講義と30分の質疑応答やらハンズオンでの機材試用という

内容になっています。

参加費用は各3500円となっており、

第一部、第二部、単独でも申し込みできます

両方参加されると銀一ショップポイントが1000円還元されるそうです!

このセミナー参加された方、必ずといっていいほど買い物して帰る方多いので

これはお得かと!

画はキレイなのに音声でがっかりさせてしまうビデオグラファーがまだまだ沢山います。

音声を綺麗に録ったあと、どう処理して、どう適正な音量で聞かせるか、を学んでいただき

一人でも多くクライアントを幸せにしていただきたいと思います。

参加はこちらから!(事前申し込み制です)

会場でお待ちしています!

今、記事を書いていて思うのは

2016年が私にとって「話」す元年となり、

2017年が様々なことを「伝」える年で

2018年は時代の流れと同じく

専門的に「教」える年となりそうです。

このセミナーを皮切りにCP+のプロ向け動画セミナー、

α academy for Professionalと2018年もたくさんのセミナーを予定しています。

(情報は都度お知らせします)

セミナーは無料のものも有料のものもありますが、

参加された事のある方は私が出し惜しみしない、というのをよくご存知だと思います。

(私は"自分の当たり前"をシェアすることで新しいことを学んでいます)

情報はシェアする時代、だけど

本当にシェアするには「ライブ」じゃないと伝えられないことばかりです。

一人でも多くの皆さんにお役に立てる情報を提供できるよう

準備していますので、ぜひ参加してくださいね!

#2018 #舞台裏 #音声収録 #音声編集 #MA #おまかせMA #鈴木佑介 #ビデオサロン #ビデオグラファー #銀一 #ginnici #RODE #おすすめマイク #FinalCutProX #セミナー #映像作家 #すずきゆうすけ #三島元樹 #ミキサー #おすすめ機材

0回の閲覧